淡路島マンモス公式サイト

淡路島マンモス

淡路島マンモスの貸別荘コテージにあるバーベキュースペースをご紹介。

淡路島マンモス HOTEL&COTTAGEのコテージには各棟に専用のバーベキュースペースがあります。

淡路島マンモスのコテージにあるバーベキュースペース

淡路島マンモスには、10名まで泊まれるコテージが2棟ありそれぞれのコテージにバーベキュースペースが付いています。

バーベキューを楽しみ頂くにはバーベキュー道具セットのご注文が必要です。食材や飲料はお好みのものをお持ち込みできます。写真の左側が各コテージについているバーベキュースペースになります。

淡路島マンモスのキッチン

お持込頂いた食材の調理は、コテージから少し離れた(50mほど)ホテルの中にあるキッチンをご利用いただきます。

キッチンには、お皿やコップ、箸、スプーン、フォークなどの食器類からIHヒーター、鍋、フライパン、炊飯器、冷蔵庫などの基本的な調理に使う道具が揃っています。

食材と調味料、ソース、タレなどをスーパーマーケットで買ってきて、キッチンで食材の下準備をし、コテージの前でバーベキューを楽しむといった流れです。

淡路島マンモス HOTEL&COTTAGEのキッチンおよびその他の共有設備

awaji-bbq-space7

淡路島マンモスのコテージにあるバーベキュースペースには屋根が付いているのでちょっとした雨ならバーベキューをお楽しみいただけます。またライトも付いているので夜暗くなってもバーベキューを楽しむことができます。

淡路島産牛肉のバーベキュー

ここで淡路島の牛肉のウンチクを1つ。

淡路島は兵庫県下における但馬牛(子牛)生産頭数の約70%を占めており、但馬牛の一大生産地として全国有名ブランドビーフ、即ち「神戸ビーフ」の素牛供給基地として知られております。
参照:ビフテキのカワムラ

淡路島では、有名ブランドビーフの素となる美味しい牛肉をお手頃価格で食べることができるのも魅力です! ぜひ淡路島のお肉屋さんで淡路牛を買ってご賞味ください。

awaji-bbq-space1

淡路島マンモスのコテージでは、こちらのグリルを使ってバーベキューをお楽しみいただきます。こちらのグリルはバーベキュー道具セットに含まれ網、炭(6kg)、トング、軍手、着火剤もセットとしてご提供いたします。

awaji-bbq-space4

バーベキューが終わったあとは、網やトングを水が入った黒い入れ物にそのまま入れてください。

awaji-bbq-space3

ゴミは淡路市(淡路島マンモスがある地域)の指定のゴミ袋をご用意致しますのでまとめて入れてください。分別方法などはチェックイン時にご案内致します。

awaji-bbq-space2

飲み終わった缶やペットボトル、瓶などは写真左下のカゴに入れてホテルの入り口にある赤い扉の前に置いてください。

以上が、淡路島マンモス HOTEL&COTTAGEのコテージバーベキュー設備のご紹介になります。大人数でバーベキューを楽しみたい方は、ぜひ淡路島マンモス HOTEL&COTTAGEへの宿泊をご検討ください!

淡路島マンモスのバーベキューができるコテージの詳細

この記事を書いた人

淡路島マンモスのブログ運営者。宿とプレーパークを運営しながら淡路島の魅力的な観光スポットを訪れブログで紹介しています。運営者プロフィールとブログ運営ポリシーは別のページにあります。