淡路島マンモス公式サイト

ニュース

関西初!CMLE認定ブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座のご案内

3月10-11日に関西エリアではじめて開催されるCMLE認定ブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座のご案内。

CMLEブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座の講師川口さん

便利なキャンプ道具が手に入る今の時代、ついいろんなアイテムを買いそろえ荷物が増えて大変ではありませんか? この講座はナイフ1本とほんの少しの道具でアウトドアを楽しむ術が学べる講座です。

こんにちは! 今年の7月にCMLE認定ブッシュクラフトアドバイザーになったりゅうです。

私もアマゾンや楽天でポチポチやっちゃうタイプなので、いざキャンプへ行く時には買ったものを使わなければいけない症候群に襲われ忙しいキャンプライフを送ってしまうこともあったりなかったり。

ミニマリスト全盛期の今の時代、こんなかっこ悪いキャンプはやめたい! そんな思いから今年の7月にJapan Bushcraft School主催のブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座を受講しました。

ナイフ1本と少しの道具でアウトドアライフを楽しむ術が学べるという触れ込みに釣られたわけですが、実際に受講してみて気付いたのは、道具を少なくする代わりに知識を増やすことで楽しいキャンプライフを送ることができるという事。

これはぜひ皆さんにも体験してもらいたい! 知ってもらいたい! という思いから私が運営する淡路島マンモスでCMLE認定ブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座を開講していただくことになりました。

実はこの講座、関東と九州でしか開催されておらず関西では初めての開講となるそうです。なので、関西在住でブッシュクラフトを体験したいと思っていた方はぜひこのチャンスに受講してみて下さい!

本記事では、CMLE認定ブッシュクラフトアドバイザー資格認定講座の様子をご紹介します。今すぐ申し込みたい! という方は以下のリンクからお申込み下さい。

Japan Bushcraft School(12/18時点で淡路島で開講予定の講座受付はまだ始まっていません)

ブッシュクラフト講座のカリキュラム

アウトドア初心者でも安心して受講できるカリキュラム。講義で学んだ知識をすぐに実技で体験することができます!

ブッシュクラフト講師川口さん

この写真は講義の様子。講義は室内と野外の両方で行われますがカリキュラムが進むに連れて野外での講義が増えてきます。講義の後は学んだ事をすぐに実技で体験できるので楽しく講座を受講できました。

以下にカリキュラムの内容をご紹介します。

  • 集合&昼食、後に自己紹介
  • 生き延びる術(サバイバル)に関する基礎知識(講義)
  • 発見&救助してもらう為に必要な事(講義&実技)
  • ナイフの基礎知識と使い方、及びセーフティー
  • 必要なロープワーク(実技練習)
  • 体温の保持の方法(講義の後実技)
  • パニックに陥らない為に(講義&エクササイズ、30分程度)
  • 飲み水の確保について(講義&エクササイズ)
  • 生き延びるために必要な「火」の利用方法、扱い方(講義&実技練習)
  • 食についての基礎知識

ブッシュクラフト講座の様子

黙々と課題をこなしていく実技が楽しい! 時には隣の受講者に教えてもらったり助けたりしながら進めていく感じです。

ブッシュクラフト講座の実技の様子

この写真は2日目最後の課題であるシェルター作りの実技を行っている様子です。ナイフの使い方やロープワーク、焚き火など必要な知識は事前に講義と実技を繰り返しているのでおさらいの様な感じで学んだことをフル活用して課題をこなしていきます。

ブッシュクラフト講座で作ったシェルター

私が作ったシェルター。この日のお昼ごはんサンドイッチの具材として用意されていたベーコンを焚き火で焼いてパンにはさんで頂きました。

ブッシュクラフト講座で作った焚き火を使ってベーコンを焼く

普通のベーコンも焚き火で焼くととても贅沢な一品に! ガスがあれば簡単に調理できてしまうものをわざわざ不便な方法を選んで調理するこの時間の使い方が大人の野あそびブッシュクラフトの醍醐味であるかもしれません。

ブッシュクラフト講座のリフレクター作り講義

こちらはファイアーリフレクターの講義の様子。ちなみに、ブッシュクラフトにはムキムキの筋肉は必要ないと主催者の川口さんが言っていたのでご安心を!

ブッシュクラフト講座の申込方法

2017/12/18現在、申込の受付が始まっていません。申込が開始しましたら本ブログやfacebookでご案内致します!

【淡路島で開催される講座の概要】

  • 2018年3月10日、11日
  • 淡路島マンモスの宿泊施設およびプレーパーク
  • さらに詳しく

淡路島マンモスFacebookページ

ご紹介したブッシュクラフトアドバイザー講座を受講することでJapan Bushcraft Schoolを運営する一般社団法人危機管理リーダー教育協会(以下CMLE)の認定を受けることができます。

お申込みは以下のリンクからお願い致します。

申込みページ(CMLEのウェブサイト内)

なお、CMLE代表の川口さんはブッシュクラフトだけでなく、ナイフすら使わず自然とともに生きる術を教える原始技術スクール「WILD ANS NATIVE」も運営されていますのでブッシュクラフトよりさらにワイルドな方向へ進みたい方はそちらの講座もおすすめです!

原始技術スクールWILD AND NATIVE