淡路島マンモス公式サイト

淡路島のグルメ

淡路島の新グルメ「かわら焼き」が名物のレストランかわらや

瓦(かわら)の上で野菜やお肉を焼いて食べることができる淡路島のレストラン

淡路島には島の食材を使った料理を楽しめるレストランがたくさんあります。今回ご紹介する淡路島のレストランも新鮮な野菜やお肉を楽しめるレストランなのですが、他のレストランとの違いはその「食べ方」。

日本三大瓦の1つである淡路瓦を鉄板の様に使い、お肉や野菜を焼いて食べることができる「かわら焼き」という淡路島の新グルメをご紹介します。

本記事では、淡路島の新グルメ「かわら焼き」が楽しみるレストラン「かわらや」の様子をご紹介します。

淡路島の新グルメ「かわらや」へのアクセス

西淡三原ICから10分、淡路島マンモスから36分

淡路島の新グルメかわら焼きが楽しめる「かわらや」は、淡路島玉ねぎの主要産地である淡路島の南側、南あわじ市にあります。

周辺は田畑が広がる平野ですので、Googleマップやカーナビをセットして向かうことをオススメします。目印となる建物があまりありません。

淡路島の新グルメかわら焼きが楽しめるかわらやの外観は工房のような雰囲気の黒塗りの建物です。

淡路島の新グルメかわら焼き

瓦の上でイノブタと玉ねぎなどの新鮮な野菜を焼いていただきます

淡路島の新グルメかわら焼きは、炭火で温めたかわらの上で食材を焼いて頂きます。

淡路島の新グルメかわら焼きの様子

炭火の上にかわらをのせて、油をしき、数分待つと淡路島産のお肉や野菜を焼き始めることができます。

ちなみにこのかわらは、一回一回使い捨てしているそうです。なんと、贅沢な! この日注文したのはイノブタとお野菜に淡路鳥とイカがついたセットメニューです。

他にもセットメニューの種類があったのでかわらやへいく前にウェブサイトを確認することをオススメします。

かわら焼きが楽しめるかわらやのウェブサイト