淡路島マンモス公式サイト

淡路島マンモス

グリーンスクール視察の旅にでます。

淡路島マンモスには、森のようちえんまんまるという、とても素敵な幼児教育の場があります。

1年前、子どもをどんな環境で育てるか妻と話し合ったところ、折角、自然豊かな淡路島に住んでいるのだから都会とはひと味違った環境で育てたいよね。

そんな事を話していた時にたまたまご縁で保育士の方と開園当初から一緒に子どもを預けているご夫婦に出会い、無事、希望通りに子どもを自然環境の中で育てる事ができています。(本当に、森のようちえんまんまるに関わっているみなさんに感謝。)

そんな経緯で、自然と教育というキーワードにはアンテナをはりながら昨年は過ごしていました。そんな中で見つけたのがグリーンスクール。インドネシアはバリ島にある次世代のリーダーを育てることをテーマに作られた学校です。

グリーンスクールが紹介されている日本語の記事はこちら↓。

なぜアンテナにかかったかというと、①持続可能な暮らしを実践していること、②その環境を教育の場にしていること。この2つがビビッと来たわけです。淡路島マンモスをつくる上で参考になるのではないかと。

例えば、グリーンスクールの校舎は竹で出来ています。

淡路島にもたくさんある竹。使い方がわからずに放置され、どんどん森を侵食しています。もし、この竹を上手に加工して活用することができれば素晴らしいですよね。もちろん竹で建物を作って、活用するにはいろいろ規制があるでしょうがその辺を考えだすときりがないので今はそっとしておきます。

また、エネルギーは水力と太陽光で全てまかなっているらしいです。これは視察に行って根堀葉掘り聞いてみようと思います。もうこの時点で私にとって十分視察に行くに値する場所なのですが、さらに、この場を未来のリーダーを育てる教育の場として開発しているらしいのです。

今、旅にでる準備をしながらいろいろと想像していますが、さて、どんな場所なのでしょうか。淡路島マンモスを開発する上で参考になる物事をたくさん吸収して帰ってこれるといいな。

そんなことで旅に出ている間はブログをお休みします。淡路島マンモスは営業していますので野あそび宿コサージュとプレーパークマンモスともどもよろしくお願いいたします。

里山番

この記事を書いた人

淡路島マンモスのブログ運営者。宿とプレーパークを運営しながら淡路島の魅力的な観光スポットを訪れブログで紹介しています。運営者プロフィールとブログ運営ポリシーは別のページにあります。