淡路島マンモス公式サイト

ブッシュクラフト

自然の中で生きる知恵を学ぶアウトドアキャンプ

ブッシュクラフトは、ブッシュ(やぶ)とクラフト(工作)という2つの言葉が交わるアウトドアアクティビティ。原始的なアウトドア技術を使い楽しむ新しいキャンプスタイルです。

枯れ枝を集めて焚き火をしたり、1枚のレジャーシートを使ってテントを作ったり、ナイフを使って箸や器を作ったり、オートキャンプでは味わえない自然との一体感が楽しめるブッシュクラフト。

初心者向けツアーやブッシュクラフトの技術を磨きたい中・上級者向けのフィールド開放日、ブッシュクラフト資格認定講座を開催しています。

ブッシュクラフト体験プログラム

ブッシュクラフトツアー

火の扱いや焚き火を学ぶ「火のワーク」、サバイバルナイフを学ぶ「ナイフワーク」、シートとロープでテント作りを学ぶ「シェルターワーク」などこれからブッシュクラフトを始める初心者向けの体験プログラム。

ワイルドキャンプツアー

森の中で最新のキャンプ道具を使わず、ナイフ・シート・ロープと自然素材、サバイバル術を活用し1泊2日のキャンプを体験するワイルドキャンプツアー。子ども向けのプログラム「ワイルドキャンプキッズ」も開催。

ブッシュクラフト開放日

淡路島マンモスの里山でブッシュクラフトを自由に練習できるフィールド開放日。開放日を利用するにはJapan Bushcraft Schoolのアドバイザー・インストラクターの資格またはブッシュクラフトツアー「火のワーク」受講者が必須です。

ブッシュクラフトアドバイザー
資格認定講座

日本でブッシュクラフトを普及する集団Japan Bushcraft Schoolの資格認定講座を開催。2019年1月現在、関西エリアでは淡路島マンモスでのみ開催している講座なので体系的にブッシュクラフトを学びたい人におすすめ。