草木染めでミョウバンを使う理由、媒染剤の作り方、代用品まとめ

草木染めでミョウバンを使う理由を知りたい。草木染めで使うミョウバン媒染剤の作り方を知りたい。草木染めで媒染に使うミョウバンの代用品には何があるか知りたい。

この様な草木染めに関する悩みにお答えします。

もくじ

  • 草木染めでミョウバンを使う理由はコレ!
  • 草木染めに使うミョウバン媒染剤の作り方を紹介します。
  • 草木染めで媒染に使うミョウバンの代用品を2つ。

この記事は、草木染め歴20年で草木染め教室を開いている先生から教えてもらったことをお伝えしています。また私自身、毎月草木染めでシャツを染めほぼ毎日着るほど草木染めにハマっています!

草木染めでミョウバンを使う理由はコレ!

  • 媒染とは色素と繊維を結びつける作業
  • ミョウバンはアルミ媒染。少し明るい色に発色

媒染とは色素と繊維を結びつける作業

ミョウバンを使う理由を知る前に媒染の基礎知識をご紹介します。

草木染めでは媒染という作業をします。媒染とは草木で煮出した色素と染める物の繊維を結びつけることをいいます。

色素と繊維を結びつけることで染めた物の色落ちを抑えたり、発色させることができます。

ミョウバンはアルミ媒染。少し明るい色に発色

媒染は、媒染剤(媒染液)という溶液に染める物を浸しておこないます。

媒染剤(媒染液)の原料となるものはアルミ・鉄・銅が一般的で、この内アルミを使った媒染をアルミ媒染と呼び、アルミ媒染の原料の1つがミョウバンです。

ミョウバンを使ったアルミ媒染の特徴は、媒染前の色(草木を煮出した色素で染めたままの色)から少し明るい色に発色する点です。

草木染めに使うミョウバン媒染剤の作り方を紹介します。

  • ミョウバンを入手する
  • 40~50度のお湯を適量作る
  • お湯にミョウバンを溶かすだけ!

ミョウバンを入手する

食品添加物として市販されているミョウバンが手に入りやすいのでおすすめです。白くて軽い粒状の薬品で「ミョウバンの粉」とか「焼きミョウバン」と記載があるものを買いましょう。

40~50度のお湯を適量作る

冷たい水だと溶けにくいので、40~50度のお湯を作りましょう。目安は媒染する物の30倍の量の水です。100gの布を染める場合は3Lほどのお湯を沸かしましょう。

お湯にミョウバンを溶かすだけ!

先程作ったお湯にミョウバンを入れて溶かします。ミョウバンの量は、1Lのお湯に対して2gを目安にします。

ミョウバン媒染剤の使い方(媒染の仕方)は、【簡単】自宅のキッチンを使った草木染めのやり方【私も毎月染めてます】で紹介しています。

草木染めで媒染に使うミョウバンの代用品を2つ。

  • 鉄媒染と銅媒染が一般的
  • 鉄と銅の媒染剤の作り方

鉄媒染と銅媒染が一般的

草木染めの媒染剤の原料にはミョウバンのほかに鉄や銅を使うのが一般的です。

鉄媒染は暗い色、銅媒染は青や茶、緑色に染まる事が多いです。

鉄と銅の媒染剤の作り方

鉄の媒染剤は鉄を 銅の媒染剤は銅を 酢に3~7日ほど漬けたあと、液をフィルターなどでこしたら完成です。

鉄は錆びた釘を使うことが多いのですが、普通錆びた釘なんて家にありませんよね。そんな時は100均で釘を買ってきて、塩水に漬けたあと、自然乾燥させると錆びた釘ができあがります。

銅はこれも100均一で銅線を買ってきて鉄の媒染剤と同様の手順で作ると良いでしょう。10円玉も銅なので使えるのですが溶けてしまいます。硬貨を溶かすのは良くないと思うので銅線を買って使うのがおすすめです。

草木染めでミョウバンを使う理由、媒染剤の作り方、代用品まとめ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
草木染めでミョウバンを使う理由、媒染剤の作り方、代用品まとめ